2017-11-24

岩手の成人当事者向けのオフ会のような居場所の新たな選択肢とは?(Twitterのまとめから)












ここ数か月間で成人当事者数人から、
「どうして、こどもの発達特性の団体は増えてるのに、大人はないのですか?」
「大人の発達特性の情報をもっと載せてほしい」
とリクエストがあった。
このようなリクエストをいただくのはありがたいことだし、出来る限り成人当事者でも参加できる場の情報を掲載できたらと思っていた所だけど、支援団体からメールフォームで掲載依頼が来ない事にはイベント情報を掲載できないし最近来る掲載依頼というのもこどもやご家族の方、支援者向けの勉強会が多く、成人当事者が参加できるイベントの掲載依頼がなかなか来ない。
イベントの掲載依頼が来ないことには、大人の会の掲載はできないという事情があることはご承知おきください。この事情を踏まえた上で本題に入ります。



実は岩手においても、地域活動支援センターで、成人当事者の自助活動を行う所が年々増えている。成人当事者に特化したもの……というよりは、身体や知的にしょうがいがある人難病を患っている人こども、発達特性以外のこころの病気がある人と他の特性や病気を患う人もいっしょに利用しているわけだけど、そうした環境で成人の発達特性の人の利用が増えている。
でも、個人情報やプライバシーなど、地域活動支援センターを運営していく中で守らなければいけない規約がある関係上(これは法律でしっかり決められている為、個人情報の保護はすべての地域活動支援センターで必ず守らなければいけません)、どほとんどすべての地域活動支援センターが会員登録してる利用者限定でネット上に活動状況を詳しく掲載できない為、本サイトで詳細を掲載することはなかなかできません。

編集部は、成人当事者さんも、安心して過ごせる環境下のもとで、オフ会のような活動ができる場が必要だと思っています。 大人だから手遅れということはなくて、自分に必要だなぁと思ったものを(家族や支援者,お医者様の意見・助言ではなくじぶんの選択です)自分で選んで利用することで、興味関心を広げ、コミュニケーションの練習を余暇活動(オフ会のような活動)を通じて失敗しながらでも安心して行える場ができることで、成人当事者さんでも少しずつ,ゆっくり『生活の質』『人生の質』を広げることができます。

2018年年明け以降になりますが、地域活動支援センターを紹介できる相談窓口を掲載しようと思っています。地域活動支援センターは福祉に精通した専門の相談員(役所・役場の福祉課の社会福祉士や精神保健福祉士/しょうがい者支援版のケアマネージャーさんがいる相談支援事業所)の推薦・紹介がないと利用できない為、地域活動支援センターの一覧ではなく、地域活動支援センターを紹介できる相談窓口の一覧となりますがご承知おきください。



地域活動支援センターは、余暇支援(オフ会のような活動)が中心になりますが、しょうがいの程度特性に応じて、さまざまな地域活動支援センターがあります。集団でワイワイとカラオケやボウリングなどオフ会のような活動を楽しむ所もあれば、少人数でこじんまり過ごす場絵画・創作活動,英会話などのサークル活動がメインの所もあります。
利用者の特性や病気も、知的にしょうがいがある方が多い所もあれば、発達特性やこころの病気がある人達が多い所などなど。放課後等デイサービスが少ない地域の場合は、大人に交じって、児童や学生が利用している所もあります。
オフ会のような活動に参加をすることで自分に自信がついてきて、リフレッシュの方法や他人とのコミュニケーションの取り方が少しずつ身についてきますよ場所によっては連絡先の交換がNGの所もありますが、地域活動支援センターに来れば安心して苦労を共有できる仲間がいます。

民間の自助グループもありますが、地域活動支援センターなど制度を活用したオフ会といった選択肢もあります。じぶんにあった居場所に出会えるチャンスが少しでも高まるようにこれからも情報を掲載していきますね。